次はあなたの番!女性が起業する前に知っておきたい知識

起業したい女性のためのお役立ちバイブル

*

女性が起業することのメリットとは?

      2016/12/19

東京商工リサーチによる「女性社長調査」によれば、女性起業家の数が年々増えています。

これには、男女雇用機会均等に関して、政治的・社会的な意識が高まってきたことや、活躍する女性起業家が増えてきて「ロールモデル」が増えたこと、女性起業を支援する制度やサービスが徐々に充実していたことなどが理由として挙げられます。

毎年誕生する起業家の数は増えていない一方で、女性起業家の数が増えているということは、まさに今、女性が起業するのに絶好のタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

また、女性が起業するのには男性よりも様々なメリットがあります。

女性に特化した公的支援がある

創業融資を検討されている方は、日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」「女性小口創業の特例」を活用しましょう。

日本政策金融公庫は、政府系金融機関として一般の銀行や信金等の金融機関よりも金利が低く融資審査も通りやすくなっています。

また、政府の「内閣府男女共同参画局」は、成長戦略の一環である「女性の活躍推進」の施策として「女性応援ポータルサイト」を設けています。

女性の生活、仕事、家事、育児のための情報が網羅的に発信されており、他の様々な女性支援の制度・サービスへのリンクが掲載されています。

 

女性社長・女性起業家たちのネットワークがある

起業家同士の交流やネットワークはこれまでもたくさんありましたが、最近では女性社長が増えてきたことにより、女性経営者だけの交流会やイベントも行われるようになってきました。

普段生活をしていたり仕事をしていると、いざ起業しようと思っても、同じ立場の女性起業家に会うことはなかなかできません。

こうした機会をぜひ活用してみて下さい。

 

女性ならではの視点や発想を活かせる

これまでの人間社会が「男性中心の社会」として作られてきたと言っても過言ではありません。

それは、男性が外へ出て狩りをし、女性が内にいて家や家族を守る、という明確な役割分担がされてきたからでした。

しかし、現代社会はこうした役割が性別によって分けられるようなことは薄れてきつつあり、男性の「主夫」が増えてきたリ、女性が稼ぎ頭になっている家族も少なくありません。

こうした世の中の変革期には価値観レベルでの変化が起こるものですが、だからこそ女性の方が新しい視点で物事を見て、新しい発想でアイデアを創発することがしやすいのです。

例えば、家事や育児、介護といった生活に根差したサービスであったり、女性が楽しめるような娯楽サービス、趣味や特技を生かした教育サービスなどは、これからどんどん増えていくのではないでしょうか。

 

女性起業家というと、こと日本社会においてはまだ起業するのにデメリットやハードルがあるとイメージされがちですが、「日本」ということに限定して考えていること自体が男性的であり、古いのかもしれません。

今はインターネットで世界に発信できる時代です。

そして、これからは女性が活躍し、女性が社会をリードする時代です。

決して臆することなく、自分の才能を信じ、創造性を発揮して起業にチャレンジしてみて下さい。

 - 未分類

  関連記事

女性起業のための集客・マーケティング手法

起業をするにあたって、扱う商品やサービスに関しては、具体的に売りたいものが決まっ …

子育てと起業の両立

子育てをしながら起業活動も行うとなると、非常に大変ですよね。 特にまだ幼い子ども …

日本政策金融公庫の創業融資について知りたい!

近年、女性で起業される方が増えてきました。 女性社長、女性起業家の活躍がメディア …

女性起業を支援する助成金・補助金

日本では安倍政権のもと、持続的な経済成長に向けた「金融政策」「財政政策」「成長戦 …

起業と結婚の両立は可能?

「起業をすると結婚できなくなる?」   このような疑問や悩みを抱えなが …

女性起業の失敗要因を突き詰めると?

意気揚々と起業したとしても、事業運営というものはなかなか上手くいくものではありま …

女性起業家のための「セルフブランディング」

起業をする際には「その商品やサービス、事業がどういうものか」を知ってもらう必要が …

女性起業家が増えている?

2014年の中小企業白書によれば、1979年からの「起業の担い手」に関する推移と …

「起業支援コンサルタント」への相談は吟味しよう

よく「起業コンサルティング」というサービスを耳にしますが、実はその実態が良く知ら …

女性起業の人気業種とは?

女性経営者が年々増えてきていますが、どのような業種で起業をされているのでしょうか …